決済IPXP BANK グローバル企業内銀行

1.一般銀行との違いは?
 GCM ( Global Cash Management )とは、企業が戦略を実行し、事業を持続的に遂行するための基盤となる取り組みです。

2.IPXP BANK ( In House Bank )

    • 現在の銀行の持つ機能とほぼ同水準サービスをグループ企業に提供・供給することができる企業内銀行です。
    • PIN発行・企業内通貨の発行を可能としました。
PIN
PIN ( Personal Identification Number の略語 ) で情報セキュリティ番号のことです。

【IPXP In House Bank】

 


【KPT General Trading. LLC と IPXP INHB】

 

【スマートフォンで口座開設】


スマートフォンによる全世界口座自動開設システム

3.現在の「世界の動き」は?

  • 企業内銀行は米国のGE ( General Electronic ) が既に稼働しています。
  • Panasonic, 花王でも稼働し始めました。
  • Microsoft, Apple, Googleも同様です。

4.基幹業務の内容は?

  • ネッティング(会員・株主間相殺決済システム)
  • プーリング(口座間資金移動・資金調達・運用)(一般銀行との接続業務)
  • 為替・金利リスクの一元的管理(為替リスクの最小化)
  • 外部金融市場での資金調達・運用の一元管理

【銀行間決済とIPXP INHBの違い】

  • 銀行間決済 :決済回数4地域、合計12回。USドルへの交換回数、4地域合計12回
  • IPXP INHB:決済回数4地域、合計4回、USドルへの交換回数、4地域合計0回

 

【例1:香港に外貨保有者で非居住者が契約】

 


香港事業部長として IPXP INHB につながる。

 

香港事業部長としての活動はすべて非課税

  • 契約地域は自由・帰属の根拠を明確にする。
  • 契約の具体的な内容・海外資産報告義務に準拠。


WANからLANへ資金を調達・運用


WAN内部で資金を調達・運用

 

【例2:中国消費税非課税】

 

【例3:A社倉庫の場合】

 

【例4:IPXPを活用した融資と投資】